手紙・はがきの値上げは2019年のいつから。理由や前回の変更からどのくらい?

2019年4月4日(木)、総務省から手紙・はがきが値上げすると発表がありました。

最近、手紙を送る時、

ラベル名

「あれ?この手紙の切手代はいくらだったっけ?」

「はがきっていくらで送れるんだっけ?」

「家に長年残ってたこの切手を使うには、あといくら足りない?」

と戸惑いながら切手を用意するのですが、また値上げ…!?とびっくりです。

値上げは、2019年のいつからなのでしょうか。

また、なぜ値上げになるのか、その理由も気になります。

なんだかつい最近値上げになったばかりな気もするので、前回の変更はいつだったかも知りたいです。

今回は、2019年の手紙・はがきの値上げについて、チェックしてみました!

手紙・はがきの値上げは2019年のいつから?

手紙 はがき 値上げ 2019年 いつ

今回総務省から発表された、手紙・はがきの値上げは、

2019年10月1日(火)

からになります。

気になる値段は

◇手紙(25グラム以下の定形郵便物)

82円→84円

◇はがき(定形・10センチ×14.8センチ)

62円→63円

 

になります。

手紙は2円の値上げ、はがきは1円の値上げですね!

我が家は82円と62円切手、はがきのストックを買ってしまったばかりです(泣)

Sponsored link

手紙・はがきの値上げの理由は?

手紙 はがき 値上げ 2019年 いつ

2019年10月1日から値上げすることになった手紙とはがき。

値上げの理由は、ピンときた方もいらっしゃると思いますが

消費税増税

です!

今から考えただけでも気が重い、消費税10%の増税。

切手やはがきも例外ではないんですね。

ちなみに、手紙の82円は10月からの増税分を上乗せすると83.52円になりますが、1円単位で四捨五入して84円になっています。

はがきは増税分を上乗せすると63.15円ですが、こちらも1円単位で四捨五入して63円です。

スポンサーリンク

手紙・はがきの値上げは、前回の変更からどのくらい。

手紙 はがき 値上げ 2019年 いつ

10月1日から手紙・はがきが値上げになりますが、なんだかつい最近値上げになったばかりのような気がする…。

という方も多いと思います。

前回の改定について、改めて確認してみました。

◇はがき

・2017年6月に人件費上昇を理由に62円に値上げ

・その前の変更は2014年4月の消費税増税で50円から52円に値上げしたばかり

・年賀はがきは2018年用まで52円だったが、2019年用は62円になった

◇手紙(定形内)

・2014年4月の消費税増税で80円から82円に値上げ

はがきは、かなり改定が多いですね。

最近、送る前に「この料金でいいんだっけ?」と一瞬手が止まってしまう理由がわかりました。

手紙の料金についても戸惑ってしまうのは、2017年6月に定形外郵便の規格改定、規格外ゆうメールの取り扱い廃止などがあったからかもしれません。

ストックしてある82円切手、62円切手、はがきは10月以降も余ったら、1円切手や2円切手を追加で貼って送ることになります。

1円切手は以前から取り扱われています。

ごぞんじ、セピア色の背景色の前島密さんの肖像画の切手です。

手紙 はがき 値上げ 2019年 いつ

前島密さんは大正時代の官僚、政治家で、日本の郵便制度の創設者の1人です。

1円切手はなんと、昭和22年(1947年)から1度もデザインが変更されていないとのことです。

昭和、平成、令和に突入しても「切手のおじいちゃん」は健在なのですね(笑)

そして、2円切手は2014年4月の値上げに伴い、販売されるようになりました。

2円切手は、背景色が薄い紫色の「エゾユキウサギ」です。

耳の先だけ黒毛がポイントの白くてかわいい、目元はクールなウサギのイラストです。

1円切手と2円切手、10月以降、ますます見かけることが多くなりそうな切手です。

まとめとして

最近、さまざまな食品も値上げになったり、10月からも消費税増税で気が重くなっているところに、はがき・手紙も値上げするというニュースはびっくりでした。

郵便物を送る時に戸惑いそうなので、こまめにネットで調べたり、郵便局で確認することが大事ですね!

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です