HITOMALU(和栗サロン)は会員制?年会費やモンブランメニューを紹介!

10年以上、365日栗と向き合い、自らも栗スイーツのオーナーパティシエとなった男、竿代信也さん。

「マツコの知らない世界」の出演で和栗の極めっぷりが話題となり、注目されています。

そんな竿代信也さんが、2021年新たな取り組みをスタート!

なんと、「HITOMALU」という和栗サロンを始めたのです。

どんな和栗サロンなのか、そしてメニューなども気になりますよね。

今回はHITOMARU(和栗サロン)について迫っていきます!

HITOMALU(和栗サロン)は会員制?

HITOMALU 和栗サロン 会員制

竿代信也さんは広告デザイン会社のクリエーターでしたが、ある時茨城県の栗栽培・加工を行う小田喜保彦さんに出会い、和栗に目覚めます。

そして約20年勤めていたクリエーターを辞め、自身も和栗の自家農園を持ち、栗のスイーツ・モンブランのお店を開店させたのです。

竿代信也さんが気になる人はコチラの記事↓

HITOMALU 和栗サロン 会員制

竿代信也のwikiプロフや自身のお店はどこ!栗は茨城県産を使用?

1店舗目は東京・谷中にある「和栗や」。

2店舗目は東京・代々木八幡にある「Mont Blanc STYLE(モンブラン スタイル)」。

 

「和栗や」は、お店でしか食べられないモンブランの他、焼き栗や栗ようかん、大福、アイスなど持ち帰りもできる栗のスイーツが満載のお店。

「Mont Blanc STYLE(モンブランスタイル)」は、お店でしか食べられない、モンブランやアイス、パフェなどに特化したお店でした。

しかし、竿代信也さんは、栗スイーツ店を経営していくうちに、「新たな飲食店の形」を考え始めるようになったといいます。

さらに昨今はコロナ禍による飲食店の営業制限、自家農園で有機栽培する栗にも限りがあるという状況もありますよね。

どんな事情があっても、これからもお客様には最高の栗を最高の状態で提供したい…そんな思いがあったのでしょう。

スモールビジネス化で実現するお客様と飲食店の理想の形について考え始めたのです。

そして、「Mont Blanc STYLE(モンブランスタイル)」は、2020年12月29日の営業で一時休業することになりました。

(【和栗や】は現在も通常通り営業)

そして2021年3月12日に、Mont Blanc STYLE(モンブランスタイル)があった店舗で、完全会員制のお店「HITOMARU(和栗サロン)」を再スタートしたのです。

「和栗や」の名物モンブランである「モンブランデセル」などは、作られてからの賞味期間が30分と言われています。

そのくらい、究極のモンブランとは繊細ではかない極上のスイーツなのです。

「HITOMARU(和栗サロン)」は、完全会員予約制で少人数制にすることにより、提供するお店側もお客様に究極のメニューを出すことができます。

また、お客様もよりスペシャル感を持って栗に向き合うことができますよね。

日本初の会員制和栗サロン、まさにウィン・ウィンの関係といえますね!

スポンサーリンク

HITOMALU(和栗サロン)の年会費は?

HITOMALU 和栗サロン モンブランメニュー

竿代信也さんの会員制和栗サロン「HITOMALU」。

開設してから会員の応募が殺到、現在は待機中で順番に会員を登録しており、大変な人気です。

「会員制予約サロン」というと、会費はさぞかし高いんだろうな…と思ってしまいますが、HITOMALUの会員費(税抜)は

 

HITOMALU

・1,000円(23歳以下)

・3,000円(一般)

・12,000円(プレミアム)

 

けっこう、リーズナブルですね!

気になるプレミアムは貸し切りが出来たり、収獲された栗が届けられたりと色々とオプションがあります。

しかし、一般として申し込む分には普通にランチやスイーツを食べに行く感覚のお値段ですよね。

これは会員募集してもいいかも…と、その気になってしまいますね!

HITOMALU(和栗サロン)のモンブランメニューを紹介!

HITOMALU 和栗サロン モンブランメニュー

会員制の和栗サロン「HITOMALU」のメニューをチェックしてみました。

一般は1種類のコースになっており

  • 煎茶(茶名人・小室英寿氏の特上煎茶)
  • お茶請け(栗菓子)
  • 涼菓(自家製モンブランアイスと季節の添え物)
  • 主菓(モンブランデセル)
  • 締め茶(茶名人・小室英寿氏の厳選ほうじ茶orラテ)

最初から最後まで栗づくし!の栗好きにはたまらないフルコースです。

お茶請けの栗菓子は栗のペースト&粉糖のキャラメリゼの生クリーム添え。

濃厚な栗の風味が味わえそうですね。

自家製モンブランアイスはできたて、ふわふわの口どけが楽しめます。

季節に応じて、イチゴやメロン、桃などのソースが添えられるのが嬉しいです。

そして、主菓は和栗やの最高峰モンブラン「モンブランデセル」

こちらもできたてのふわふわのメレンゲと栗のペーストと生クリームのモンブランクリームのハーモニーを味わうことができます。

これを食べてしまったら、もう市販の栗は食べられないというくらいの美味しさと評判です!

ちなみに、サロン名の「HITOMALU」は、「人丸(ひとまる)」という、栗の種類の名前。

人丸は、竿代信也さんが栗を研究し、モンブランとして最適と発見した希少品種なのです。

もちろん、竿代信也さんが作るモンブランにはこの人丸が使われています。

和栗サロン「HITOMALU」の和栗フルコース、ぜひ一度訪れてみたいですね。

Sponsored link

まとめとして

薬品を使わず、身体に優しく最高に美味しい和栗を作り、お客様に和栗スイーツを提供する竿代信也さん。

新たにスタートした和栗サロン「HITOMALU」にも、農業や食、そして栗とお客様への熱い思いを感じますね。

気になる方はぜひ、会員申し込みについてチェックしてみてください!

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です