埼玉には豚肉のテーマパーク!メニューが画像や温泉などの施設もある?

2021年5月27日(木)の「秘密のケンミンSHOW」で埼玉の豚肉愛が特集されました。

実は、埼玉県民は豚肉大好きなんですよねー。

番組では「隠れポーク王国」と呼ばれていました。

そして、豚肉が好きすぎる埼玉には、なんと豚肉のテーマパークまであるとのこと!

しかも、そのテーマパークにはアスレチックや温泉などの施設もあって…聞けば聞くほど気になります。

今回は、埼玉の豚肉のテーマパークについて迫っていきます!

埼玉には豚肉のテーマパークが!

埼玉 豚肉 テーマパーク

噂の埼玉の豚肉のテーマパークは

・サイボク

(埼玉県日高市下大谷沢546)

です!

「サイボク」は、埼玉県民ならその名を知らない人はいない!というくらい有名な牧場です。

正式名称は「株式会社埼玉種畜牧場」…略して「サイボク」なのです!

サイボクは1946年に創業者の笹崎龍雄さんが、戦後直後に「食で日本の復興に寄与すること」を目指して開設されたものです。

現在の日高市(当時は入間郡高萩村)で牧場を開設し、多くの養豚家を育てながら、事業を大きく拡大させていきました。

1977年に日高牧場内に直営店「ミートピア」を開店し、たちまち大人気に。

その後も、有機野菜の直売店や手作りハム工場を作ります。

豆知識
日本初の100%ポークウィンナーを作ったのも、実はサイボクなんですよ。

その後レストランがオープンしたり、アスレチックができたり…と養豚業だけでなくお客様とコミュニケーションを取る活動も精力的に行いました。

そして現在は総括して「豚のテーマパーク」として存在するようになったのです!

車・電車・バスでも行けるので、豚肉好きの方は、ぜひ訪れてみたいテーマパークですね!

スポンサーリンク

埼玉の豚肉のテーマパークのメニューは?

埼玉 豚肉のテーマパーク メニュー

豚肉のテーマパーク「サイボク」には「SAIBOKU」というレストランがあり、そのメニューも人気があります。

  • やわらかひれかつ
  • ロースかつ
  • ポークステーキ
  • サイボク特製ハンバーグ
  • ウィンナーバラエティ
  • ハムの詰め合わせ

などなど。

当然といえば当然かもしれませんが、メインは豚肉ですね!

埼玉 豚肉のテーマパーク メニュー

さらに、サイボクのテーマパーク内にはバーベキュー場もあるのですが、「GPロースセット」も販売されていてとても便利。

本格的なドイツのエルディンガー樽生ビール(白・黒)もあって、ソーセージの詰め合わせと一緒に食べたいですね!

お子さんにはお子様ランチなども大人気です。

埼玉の豚肉のテーマパークは温泉などの施設も!

埼玉 豚肉のテーマパーク メニュー

埼玉の豚肉のテーマパークであるサイボクには、なんと温泉などの施設もあります。

しかも、天然温泉というからすごいです!

2002年に移転した牧場の跡地から、大量の温泉が湧出するようになったとか。

サイボク、どれだけ「持ってる」んでしょうか!

この天然温泉をサイボクの豚肉を召し上がっているお客様にも…ということで、「花鳥風月」という温泉施設をオープン。

豚肉を楽しむだけでなく、温泉にも入ることができるようになりました!

他にも先ほど触れたバーベキュー場で豚肉と自然を満喫しながらバーベキューが楽しめたり、お子様には大きなアスレチックもあって人気です。

もちろん豚肉や野菜の直営店もあるので買い物もできますよ。

サイボクはどんな世代でも楽しめますね!

Sponsored link

まとめとして

埼玉に存在する、豚肉のテーマパーク「サイボク」。

「秘密のケンミンSHOW」でその存在を全国的に知られるようになり、今後もますます注目のテーマパークになりそうです。

イベントも充実しているので、気になる方はサイボクのホームページからアクセスしてぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です