ドラフト2019の日程はいつで何時から?地上波放送や会場はどこで行うの

2019年のプロ野球は、セ・リーグが巨人、パ・リーグが西武の優勝でペナントレースが終了。

クライマックスシリーズでは、DeNA、阪神、ソフトバンク、楽天が巻き返して日本一となれるか注目が集まります。

また、この時期を迎えると来シーズンの加入選手の交渉権を得るためのドラフト会議も開催されます。

ここでは、ドラフト2019の日程はいつで何時からか、地上波放送や会場はどこかお伝えします。

ドラフト2019の日程はいつで何時から?

ドラフト2019 日程 いつ 何時から

ドラフト2019は、10月17日(木)17時から開始される予定となっています。

ここ数年は、10月の第4週目の木曜日の開催が定番化されていましたが、2019年は第3週目の木曜日に。

ドラフト会議は、メディアや関係者以外にも一般の方も見ることが可能なのがうれしいシステムなんですよね。

今年の観覧希望者の受付は9月13日(金)12:00~9月26日(木)12:00だったのでもう終わっていますが・・・。

毎年同じくらいの時期に募集しているので、生で見てみたいという方は要チェックですよ。

観覧できるのは1000人ほどで、倍率は15倍~30倍くらいと言われていますが、今後チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Sponsored link

ドラフト2019の地上波放送

ドラフト2019 日程 いつ 何時から

テレビの地上波放送はTBS系列による生中継が恒例となっています。

放送開始は、ドラフトの10分前の16:50からで放送内では1巡目の指名選手だけになるのが毎年の流れ。

1巡目はクジ引きが行われる可能性も高いので、ファンとしてもドキドキしながら中継を見ることができるのがありがたいですよね。

CS放送のスポーツチャンネルであるスカイAでも中継されるので、契約している方はこちらでも見ることができますよ。

ラジオはニッポン放送、インターネット配信は、Paravi、Baseball Grte、Sports Bullで中継。

 

ドラフト2019 日程 いつ 何時からネット中継は、1巡目だけではなく2巡目以降も終わりまでしっかりと見ることができます。

下位の指名選手までじっくり見たいという方も多いかと思いますが、平日の夕方ということで視聴できる人は少ないかもしれませんね。

こっそりネットサーフィンしながら見ることはできちゃいますが、仕事に支障が出ない程度にしておきましょう。

スポンサーリンク

ドラフト2019の会場はどこで行う?

ドラフト2019 日程 いつ 何時から

ドラフト会議が行われる会場は、グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール

1990年に旧北白川邸跡に開設された場所で、宴会場が集中している建物です。

日本アカデミー賞の授賞式やアトランタオリンピック開催が決まったIOC総会などでも使用。

また、ディナーショーのメッカとも言われていて、アーティストたちの憧れの場所の一つ。

隣に位置する大宴会場の「飛天」は、FNS歌謡祭や全日本ダンス選手権でも使われています。

大きなイベントやショーなど、ホテルでの開催と言えばグランドプリンスホテル新高輪と言うほどに定番のホテルですね。

まとめとして

ドラフト会議2019は、10月17日(木)17:00からスタート。

地上波テレビ中継はTBSが行い、CSやラジオ、ネット中継も行われる予定となっています。

奥川恭伸(星陵高)、佐々木朗希(大船渡高)、森下暢仁(明治大)などドラフト上位注目選手たちの行方にも注目ですね。

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です