消費税10%増税後の送料はどうなる?商品別や月またぎのケースは?

いよいよ10月1日から消費税が10%に増税になります。

ここ最近は連日、消費税増税にまつわるニュースが流され、買い物に行っても「かけこみ購入」のお客さんを見かけます。

そんな私も、「10月以降必要だから、今買っておきたい!」と、思った以上に9月中ネットで色々と購入してしまいました。

そこで、ふと思ったのですが、9月末に購入したネットショッピングや通信販売の商品、配送が10月になった場合、送料はどうなるのでしょうか。

今回は、気になる10%増税後の送料について、チェックしていきます!

消費税10%増税後の送料はどうなる?

消費税 10% 増税後 送料

10月1日から消費税が10%に増税になります。

しかし、食料品や新聞などは軽減税率の対象となり、10月1日を過ぎても消費税は8%のままです。

もちろん、ネットショッピングや通信販売で食料品を購入した場合も、消費税は8%です。

それなら送料も消費税8%で…?と考えてしまいがちですが、送料は軽減税率の対象外となり、10%となります。

送料、見落としがちでしたが、やっぱりしっかり増税になるのですね。

消費税10%増税後の送料、商品別のケースは?

消費税 10% 増税後 送料

10月1日から、送料も10%に増税になってしまう消費税。

先ほども触れましたが、食品など軽減税率の対象となる商品を購入した場合は、消費税はどうなるのでしょうか。

購入した食料品は消費税8%ですが、送料は10%に引き上げされます。

10月1日以降、購入した商品の明細を確認すると、商品(食料)は消費税8%、送料は10%で別途計算されていることがわかるでしょう。

しかし、増税になったばかりで売り手も混乱することが考えられます。

・商品や送料の消費税を謝って計算されたものが届く

・もともとの8%の消費税込みの送料に、さらに10%の消費税を足してしまった送料

などが届くかもしれない可能性がありますので、今の時期はより注意して明細を確認する必要があります。

また、食料品は消費税8%のままですが、それに付属する包装紙や保冷材などは、送料と同じく軽減税率の対象外です。

わずかなようにも見えますが、10%の消費税で請求されるので注意が必要です。

けれども、食料品の料金に「送料込み」が含まれている場合は、軽減税率の対象になり、送料も含めた価格が消費税8%として計算されます。

一見、商品の価格だけで安いように見える「送料別」の商品も、「送料込み」の送料を加えた商品の金額と比べると、やや高いというケースが発生します。

ネットなどで食料品などを購入する場合は、どちらがお買い得かを今以上にチェックした方が良いでしょう。

Sponsored link

消費税10%増税後の送料、月またぎのケースは?

消費税 10% 増税後 送料

送料も消費税10%増税で、なんとなく憂うつですが、気になるのは、増税前にネットショッピングなどをし、10月以降に届く予定の月またぎの購入品の送料です。

本来、10月1日以降に出荷されると送料が発生するので、消費税は10%となります。

購入したときは商品も送料も消費税8%だったけれど、配達されたときに増額された消費税分だけ後から請求されてしまうのかとヒヤヒヤしますよね。

しかし、こういった月またぎの買い物の場合は、「経過措置」が置かれています。

購入手続きが増税前の9月30日までであれば、商品の発送が10月以降でも送料などが消費税8%のままで請求されます。

予約商品などで、前々から手続きを済ませたけれど、10月以降は送料を別途請求される?と思っている方は、そのようなことはありませんのでご安心ください。

スポンサーリンク

まとめとして

いよいよ増税になる消費税。

送料も10%になってしまうとは、あまり気に留めていなかったので、ちょっと辛い思いです。

飲食料品が8%、そのほかは10%…など、こまごまとしているので、購入する側も販売する側もしばらく混乱してしまいそうです。

商品購入の際は、しっかりと細かな金額に注意しながら、買い物を楽しみたいですね。

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です