増税で予約商品の消費税はどうなる?宿泊予約や結婚式をチェック!

いよいよ今年(2019年)10月から消費税が10%に増税になります。

一部飲食料品など、軽減税率が導入されているものの、出費が増えてしまうと思うと、ちょっと気が重いです。

そこで、ふと疑問に思ったのですが、今予約しておいたもので、10月以降発売になる商品の消費税はどうなるのでしょうか。

10月以前だから8%?けれど、10月以降発売なら10%?

10月以降に宿泊予約したホテルや旅行、結婚式もどうなってしまうのでしょうか?

今回は、増税前に予約した、増税後発売の商品の消費税について、チェックしていきます!

増税で予約商品の消費税はどうなる?

増税 予約商品 消費税 どうなる

今から気が重い、消費税10%の増税。

10月1日から、軽減税率対象である、飲食料品(ビール・酒類は対象外なので注意です!)や、定期購読の新聞は8%のままですが、他の商品は10%になります。

それでは、10月以降の増税後に発売の商品を、増税前に予約した場合はどうなるのでしょうか。

実はこういった混乱を避けるために、増税前に設けられた制度があります。

・経過措置

最近、ニュースなどでよく耳にする言葉ですね。

経過措置とは、10月1日以降の取引でも、税率が8%のまま取引できる措置のことです。

経過措置は、増税前と増税後がまたがって取引される時に適用されるものです。

ですから、増税前に予約取引した商品が、増税後に発売の場合は、適用されます。

経過措置が適用されるケースは、一例をあげると

  • 通販などで予約した商品
  • 水道光熱費
  • 書籍・DVDなどの定期購読
  • 工事や製造などの契約

 

などがあります。

インターネット通販などで予約した商品や、家の工事を増税前に契約し、増税後に完成する場合も8%適用です。

書籍やDVDを、例えば1年間分、増税前に定期購読契約したものは、10月を過ぎても、増税分を請求されることはありません。

水道光熱費も、10月検針の分までは消費税8%になります。

10月過ぎたらみんな10%の世界に!?という思い込みがありましたが、経過措置という制度があることを知って、少しホッとしました。

スポンサーリンク

増税前の宿泊予約はどうなる?

増税 予約商品 消費税 どうなる

増税前の経過措置で、増税前の予約商品は消費税8%適用とわかりましたが、宿泊予約などはどうなるのでしょうか。

やっぱり泊まるのは10月以降だから、10%?と不安になりますよね。

旅館やホテル、旅行会社のパックツアーなども、経過措置が適用されます。

宿泊予約し、増税前に支払いを終えたものは消費税8%適用になります。

ただし、支払いが増税後になる場合は、10%適用になるので注意が必要です。

10月以降に宿泊の予定がある、秋・冬に旅行に行きたい!という方は、増税前の9月中に予約して支払いを済ませておくことをオススメします。

また、電車やバスなどの定期券や回数券、国内航空券も、9月支払い分までは8%適用です。

10月以降も電車やバス、飛行機を利用することがわかっている方は、増税前に早めに購入しておくと良いですね。

映画館、美術館・博物館、遊園地などの予約チケットも、増税前に購入した方がお得です。

そう考えると、良いのか悪いのか、秋以降のレジャーのプランがビシッと決まってくる気がしますね(笑)

Sponsored link

増税前の結婚式をチェック!

増税 予約商品 消費税 どうなる

増税前に支払いを済ませれば、旅館やホテルなどの宿泊予約は消費税8%適用ということがわかりましたが、それでは、増税後10月以降の結婚式の予約などはどうなるのでしょうか。

結婚式などの冠婚葬祭用施設は

・2019年3月31日までの契約支払いが消費税8%適用

だったとのことで、9月の現在はすでに消費税10%適用期間に入ってしまっています。

今年の3月31日までに予約していたとしても、食事やプランを追加・変更した場合は、その分は10%になるとのことです。

今、結婚式を予定しているという方は、慌てず、パートナーとじっくり式場やプランを検討しましょう。

まとめとして

消費税増税…と気持ちが重くなり、慌てて色々なものを買いだめしそうになっていましたが、経過措置について詳しく知ると、少し冷静になれました。

予約商品や宿泊予約など、増税前に購入するものを見定めていこうと思います!

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です