ガキ使2020学校・移動バスのロケ地はどこ?撮影場所の都道府県や確定出演者も!

毎年恒例、これがなくては年が越せない!

という番組が、日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない」スペシャルです。

絶対に笑ってはいけない芸人達に、こちらはテレビの前で笑いっぱなしの大みそか&年明けなのですが、20192020年の今回は、どんな内容なのでしょうか?

どうやらある学校でロケをしているらしいのですが撮影場所も詳しく知りたいですね!

そして、毎年ガキ使メンバーを翻弄する、ゲスト出演者が誰なのかも気になります。

今回は、ガキ使2020のロケ地や出演者などについて、迫っていきます!

ガキ使2020学校・移動バスのロケ地はどこ?

ガキ使2020学校・移動バスのロケ地はどこ

20192020、記念すべき令和初のガキ使の年越し番組!

1121日、この番組のタイトルが発表されました。

その名も、

「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」

どうやら学校でロケしているらしいと、移動バスやロケ目撃情報があったのですが、やっぱり学校ですね!

笑ってはいけない2019 ロケ地 千葉

ガキ使メンバーで学校ロケ絶対に面白いに違いない!ということで期待が高まります。

ガキ使2020の番組のロケ地となっている学校は

つくば市立紫峰学園筑波東中学

です!

この学校はすでに廃校になっており、ロケにはうってつけですね!

ガキ使2020学校・移動バスのロケ地はどこ

この学校の周辺でロケバスがや、校庭などでロケハンや、夜に校舎の電気がついて撮影をしていることが伺える様子が地元の方々に目撃されています。

そして、ガキ使の移動バスに書かれている学校名が

県立ヘイポーお豆が丘高校

ガキ使2020学校・移動バスのロケ地はどこ

もう、これだけでも今から大爆笑してしまいました。

日テレからの発表の画像では、松ちゃん達が学ランの制服姿になっているので、高校生に扮する様子です。

今から放送が楽しみで仕方がないですね。

スポンサーリンク

ガキ使2020の撮影場所の都道府県は?

ガキ使2020学校・移動バスのロケ地はどこ

多数の目撃情報により判明した、ガキ使2020の撮影場所。

先ほど、廃校になった、つくば市立紫峰学園筑波東中学校でロケされていたと触れましたが、この学校がある県は、茨城県です!

つくば市立紫峰学園筑波東中学校の場所についてもチェックしてみましょう。

・茨城県つくば市北条4160番地

つくば市立紫峰学園筑波東中学校(旧・つくば市立筑波東中学校)は、1966年に創設され、2017年まで校舎が使われていました。

昔ながらの校舎、筑波山が見渡せる自然に囲まれた校庭、広い武芸場や体育館と設備はバッチリです。

のびのびと様々なシチュエーションのロケができたでしょうね()

Sponsored link

ガキ使2020の確定出演者も!

毎年放送されるガキ使の「絶対に笑ってはいけない」ですが、放送前に楽しみなのが、ゲスト出演者の予想をしてみることだったりします。

神出鬼没に現れる芸人達や俳優、ガキ使メンバーの家族。

今年もどんな風に「OUT!」にさせてくれるのでしょうか。

毎年おなじみの顔ぶれもいますが、放送されるまで基本お楽しみとされているのが、ゲスト出演者。

おなじみ、ガキ使メンバー

  • 松本人志(ダウンタウン)
  • 浜田雅功(ダウンタウン)
  • 遠藤章造(ココリコ)
  • 田中直樹(ココリコ)
  • 月亭方正

5人の他に、今回のガキ使2020は、俳優の佐野史郎さんがゲスト出演者として判明しています。

佐野史郎さんは、先日ガキ使2020のロケ中に腰椎骨折し、全治2か月の負傷を負ってしまったことがニュースになりました。

このことで、佐野史郎さんが出演することが確定してしまったのですが、相当過酷なロケだったのではないかといろいろと物議を醸しています

佐野史郎さん自身は、現在は番組にわだかまりなく、無事に放送されることを願っているとのことです。

サービス精神にあふれ、才能あふれる俳優でもある佐野史郎さん、1日も早く全快してお仕事復帰してほしいですね。

そして、出演者名は非公開となっていますが、今回のガキ使は、話題の芸人・俳優・女優など、ガキ使史上初の74人が出演することが判明しています。

その年の芸能界の振り返り、色んな意味での「ゆく年くる年」感があるガキ使出演者。

ガキ使2020学校・移動バスのロケ地はどこ

それぞれどんな登場をするのか、こちらも楽しみですね。

ガキ使2020の「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」は、

201912311830202011030

日本テレビ系で放送。要チェックですよ!

まとめとして

2019年、今年も色々なことがあり、元号も令和に変わった節目の年でしたね。

「ガキ使」は例年通り放送されることがわかり、嬉しいです。

今年もあと少し、ガキ使2020年の放送を楽しみに年末を乗り切りましょう!

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です