佳久創のラグビー時代の活躍や父親はプロ野球選手?現在の事務所をチェック!

ドラマやバラエティ番組にゲスト出演し、今注目されている俳優の佳久創(かくそう)さん。

ドラマ「ノーサイドゲーム」では里村亮太役を好演し、大ブレイクしました。

イケメンで高身長、鍛え上げられた見事なボディの佳久創さん、ドラマではラグビー選手を演じましたが、実際にラグビー選手だったとのことで経歴が気になります。

そして父親は有名なプロ野球選手だったとの噂も!ますますどんな方か、気になりますね。

今回は、俳優の佳久創さんについて迫っていきます!

佳久創のラグビー時代の活躍は?

佳久創 ラグビー時代 父親 プロ野球選手

まずは佳久創さんのプロフィールをチェックしてみましょう・

  • 名前:佳久創(かく そう)
  • 別名義:KAKU
  • 生年月日:19901028(28)
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 身長:185cm
  • 趣味・特技:ラグビー、筋トレ、映画鑑賞、WWE(海外プロレス)観戦

 

身長185cmの佳久創さん、やっぱり高身長ですね。

趣味・特技が映画鑑賞以外男らしいものばかりで、かっこ良いです!

小学校の頃まで野球をやっていた佳久創さんは、中高一貫教育の愛知中学・高校に進学。

顧問の先生に薦められて中学3年からラグビーを始めます。

高校ではラグビー部の部員が少なかったため、7人制ラグビーの選手として活動。

高校3年の時には、7人制ラグビーの東海選抜に選ばれて全国準優勝するほどの実力を発揮しました。

高校卒業後は、明治大学法学部に進学し、大学でも7人制ラグビーを続けます。

しかし、2011年に日本選抜メンバーで参加した大会で、左膝前十字靭帯を断裂する大怪我をしてしまいます。

11ヵ月の療養の後、

  • 2012…15人制ラグビー日本代表の練習に参加
  • 20132015トヨタ自動車ヴェルブリッツに入団

佳久創さんのポジションはウイングでした。

ウイングはトライを取る役目で、身体が大きいというだけでなく、瞬発力、チーム1の俊足であることが選手に求められるポジションです。

佳久創さん、大学時代は一度抜かれると、選手の誰もが追いつけなかったくらい足が速かったとのことです。

佳久創 ラグビー時代 父親 プロ野球選手

プロラグビー選手まで登りつめた佳久創さんでしたが、大学時代に負った怪我の後遺症に悩まされ、2年で引退します。

才能、体格にも恵まれていたのに怪我でわずか2年で引退しなければならないなんて、佳久創さんご本人としても悔しい思いがあったのではないかと思います。

佳久創さんのラグビー時代もドラマのようで、切なくなってしまいますね。

スポンサーリンク

佳久創の父親はプロ野球選手?

佳久創 ラグビー時代 父親 プロ野球選手

ラグビー選手として輝かしい経歴を持つ佳久創さんですが、父親は元プロ野球選手だったとのことでチェックしてみました。

父親はなんと

元・中日ドラゴンズの郭源治(かく げんじ)

です!

郭源治さんは台湾出身で、1980年から90年代まで活躍したの中日ドラゴンズの投手です。

1987年には星野仙一監督の下、ストッパー投手として活躍し、最優秀救援投手を獲得。1988年にはチーム優勝に貢献します。

佳久創さん、あの中日ドラゴンズ黄金時代の郭源治さんの息子だったなんてとしみじみしてしまいます。

ちなみに、「佳久(かく)」という苗字は、1989年に帰化した郭源治さんが、発音が同じ「佳久」と改名したものとのことです。

佳久創さんは、台湾人の父親と日本人の母親とのハーフで、きょうだいは双子の兄、姉と弟がいます。

双子のお兄さんは、元社会人野球選手の佳久耀さんとのこと。

体育会系ファミリーな上に、このイケメンがこの世に2とドキドキしてしまいますね()

Sponsored link

佳久創の現在の事務所をチェック!

怪我の後遺症が元で、惜しくもラグビー選手を引退した佳久創さん。

引退後の201512月ごろから、芸能活動を始めます。

アーティストイベントなどの参加の後、2017年に芸能事務所の

アクロスエンタテインメイント

に、「準預かり」として所属します。

アクロスエンタテイメントは声優・タレントの事務所で、有名声優の山寺紘一さんや金田朋子さん、内田彩さんが所属しています。

2019年の現在、佳久創さんはこの事務所の「預かり」になっています。

この「準預かり」や「預かり」ってなんだろう?と思い確認してみたところ、

声優は、養成所を卒業してから、声優事務所のオーディションに合格した後

・準預かり→預かり→正規契約

という段階を踏んで活動するとのことです。

(事務所によっては、預かりと正規の段階の間に「ジュニア」という段階もあります)

 

けっこう声優・俳優の世界も厳しいですね。

佳久創さんも、この「準預かり」から活動を始めました。

そして2018年ごろからドラマやアニメなどにも出演するようになります。

ドラマ出演作

  • 今日から俺は!! 第2(2018年 日本テレビ)
  • キミに最後の別れを~永遠なれ ラグビーの青春~(2018年 NHK BS)
  • ミストレス~女たちの秘密~(2019 NHK)

そして、ブレイクのきっかけとなった「ノーサイド・ゲーム」(2019 TBS)です。

アニメ出演作

  • ぐらんぶる(2018年 ラグビーB)

そして、2019年にはCMにも出演しました!

ジレットジャパンの「ジレットが、ラグビー日本代表を応援」篇という、ラグビー選手役のCMです。

ラグビーを経験していただけあって、ラグビー選手役が多い佳久創さん。

現役は引退したけれど、俳優としてラグビーに関わることができるのは素晴らしいですね。

まとめとして

有名な野球選手だった父親を持ち、自身もラグビー選手としての経歴を持つ佳久創さん。

かっこ良いだけでなく、筋肉マッチョ系のスタイルも魅力ですよね。

これからもますますの活躍を期待します!

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です