うどん弁当(丸亀製麺)の値段種類やカロリー!全店舗で注文可?

全国でリーズナブルに讃岐うどんが食べられるとして人気のチェーン店・丸亀製麺

トッピングの種類も豊富で、自分オリジナルのメニューにできるのも魅力の一つですよね。

そんな丸亀製麺が、2021年4月13日(火)から「うどん弁当」を新たに販売スタート。

ここでは、うどん弁当(丸亀製麺)の値段種類やカロリー、全店舗で注文可能なのかお伝えしていきます。

うどん弁当(丸亀製麺)の値段・種類は?

うどん弁当 丸亀製麺 値段 種類

丸亀製麺が販売するうどん弁当には4種類のメニューが用意されています。

・2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当(税込390円)

 

冷ぶっかけうどん並

冷ぶっかけだし

野菜バラ天

ちくわ磯辺天

玉子焼き

きんぴらごぼう

ねぎ

 

・3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当(税込490円)

 

冷ぶっかけうどん並

冷ぶっかけだし

えび天

野菜バラ天

ちくわ磯辺天

玉子焼き

きんぴらごぼう

ねぎ

 

・4種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当(税込620円)

 

冷ぶっかけうどん並

冷ぶっかけだし

鶏もも天

えび天

野菜バラ天

ちくわ磯辺天

玉子焼き

きんぴらごぼう

ねぎ

 

・2種の天ぷらと定番おかずの肉うどん弁当(税込650円)

 

冷ぶっかけうどん並

冷ぶっかけだし

肉うどんの肉

野菜バラ天

ちくわ磯辺天

玉子焼き

きんぴらごぼう

ねぎ

 

上記のうどん弁当の値段には容器の代金も含まれています。

Sponsored link

うどん弁当(丸亀製麺)のカロリー! 

うどん弁当 丸亀製麺 値段 種類

4種類のうどん弁当に共通する冷やしうどん並のカロリーは306カロリー程度とされています。

また、牛肉盛りうどんの並が632.2カロリー程度とのことなので、うどん弁当の肉うどんも近しい数値になっていると思われます。

プラスしてうどん弁当には、「野菜バラ天」と「ちくわ磯辺天」が共通で入っています。

通常の野菜のかき揚げは659kcal程度ですが、うどん弁当の野菜バラ天は大きさを見るともう少しカロリーは低いのかなと思います。

ちくわ天が156kcal程度とされているので、これも似たカロリーになると思われます。

その他、えび天が110カロリー程度、鶏もも天に近いかしわ天が182カロリー程度となっています。

あくまでも参考ですが、パワーを付けるのに十分なカロリーを得ることができると思われます。

スポンサーリンク

うどん弁当(丸亀製麺)は全店舗で注文可?

うどん弁当は次の店舗では販売していないと、公式サイトに書かれていますので注意してください。

  • 羽田空港第2ビル店
  • 駒澤大学店
  • アトレ秋葉原1店

丸亀製麺は国内のみならず海外にも店舗を構え、2018年には1,000店舗を達成したと話題になりました。

それだけ多くの店舗のなかで上記の3店舗がうどん弁当を実施しないとのことですが、念のためお近くの店舗もチェックしておくと良いかもしれませんね。

事前にモバイルオーダーで注文すればレジでも待たなくて済みますし、ひとつからでもOKということで便利なシステムとなっています。

こちらも実施していない店舗や時間帯があるとのことなので、あわせて確認しておくようにしましょう。

まとめとして

2021年4月13日(火)販売開始の「うどん弁当」は、4種類のメニューが用意されています。

夏に向けて冷たいうどんは需要が高まっていきそうですし、人気メニューとなること間違いなしでしょう。

ネット注文+テイクアウトであればお店に長時間いなくて済みますし、時代に合わせたいい取り組みだと感じますね。

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です