戦力外通告2020テレビ放送日はいつ?2019年特集選手のその後も!

年末恒例の「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達」では、人生の岐路に向き合う選手たちの様子が放送されてきました。

内容としてはトライアウトを受け合否の発表を待つシーン、家族との絆、引退、復活、スタッフとしての採用、別の仕事に就職などなど。

20代や30代前半でクビを切られ路頭に迷う姿には、毎回プロ野球の現実の厳しさを知らされますよね。

ここでは、戦力外通告2020テレビ放送日はいつか、2019年特集選手のその後も見ていきます。

戦力外通告2020テレビ放送日はいつ? 

戦力外通告2020は、2020年12月29日(火)23:10~24:40にTBS系列で放送される予定です。

2004年から放送がスタートし、2020年で17回目を迎える戦力外シリーズですが、2006年だけ翌2007年1月6日に放送されています。

それ以外は基本的に12月末で、その多くが30日に放送されていました。

30日はレコード大賞が放送され、その後に戦力外通告が始まるという流れは2013年から定番化。

しかし、2020年はその前日に放送されるとあって、何か特別な意図があるのか気になるところです。

ちなみに、30日のレコード大賞の後番組は、こちらも定番の「クイズ正解は一年後」。

年末は各局で大型特番が放送されるので、視聴率の取り合いに勝てる布陣で臨んだということかもしれませんね。

スポンサーリンク

戦力外通告2020の特集選手は?

戦力外通告では、シーズンが終わってからクビになった3~4人の選手が主に密着取材を受けてきました。

最近では、過去に戦力外になり独立リーグで現役を続けていた選手が、プロ野球に復帰に挑戦する姿も見られます。

2020年の出演者が誰になるのかは、トライアウトの結果やある程度進路が決まってからじゃないと発表されないと思われます。

今年は、新庄剛志さんが48歳で現役復帰を目指してトライアウトを受け、まずまずのアピールを成功させたことが大きな話題となっています。

新庄さんがプロ契約するかどうかで番組も変わってきそうですが、あえて新庄特集は別で放送する可能性もありそうですね。

まず有名どころでいえば、ヤクルトや楽天に所属していた由規投手(30歳)や阪神の伊藤隼太選手(31歳)でしょうか。

他、2015年に引退した元阪神の田上健一さん(32歳)や、新庄さんを除けば最年長になるロッテの内竜也投手なども話題を作りやすいかもしれません。

Sponsored link

戦力外通告2019年特集選手のその後も!

戦力外通告2019年で特集されたのは、次の3選手です。

・友永翔太(中日)

・森福允彦(巨人)

・若松駿太(栃木ゴールデンブレーズス)

友永さんは2020年1月にRESKAという会社を立ち上げ、ブライダルサロンを運営しています。

スポーツコメンテーターとして芸能事務所にも所属し、アパレルや野球教室など幅広い活動を計画。

森福さんは東京から福岡に拠点を移し、2020年からRKB毎日放送の野球解説者として活動しています。

若松さんは栃木からプロ野球復帰を目指していましたが、2019年のオフでは声がかからず栃木に残留。

2020年シーズンも栃木で戦いましたが、10月28日に退団したことが明らかとなっています。

今後については、新しい環境で野球がしたいということで海外挑戦も視野に入れつつ様々な可能性を考えたいとのこと。

栃木にはメジャーや台湾でプレーした経験のある川崎宗則さん、同じくメジャー経験者の西岡剛さんもいるのでアドバイスも受けていたはず。

2020年2月28日で26歳の誕生日を迎える若松駿太さん、動けるうちに思う存分やりきってほしいですね。

まとめとして

戦力外通告2020は、2020年12月29日(火)23:10~24:40にTBS系列で放送されます。

2020年は、新型コロナウイルスの影響で年末を家の中で過ごすという人が多いと思いますので、ゆっくりテレビを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です