和田麻希の結婚した旦那や腹筋画像!自己ベスト記録は?

短距離の陸上選手・和田麻希さんは、腹筋が美しいと話題の美人アスリートです。

サイドを刈り上げた奇抜な髪型が注目されることもあり、見た目はかっこいい女性といった印象。

2019年の日本選手権では女子100m決勝に唯一30代(32歳)で残り、「あきらめが悪い」選手としても賞賛を浴びています。

ここでは、和田麻希さんの結婚した旦那や腹筋画像、自己ベスト記録についてお伝えしていきます。

和田麻希さんの結婚した旦那!

和田麻希 結婚 旦那

和田麻希さんは、2020年8月26日に結婚したと自身のTwitterで報告しています。

旦那さんとなったのは、和田さんの出身大学・龍谷大学の2学年先輩で、コーチも務める湊明憲さん。

付き合ってからちょうど15周年になる日に入籍したとのことで、かなり長い交際期間を得てのゴールインとなりました。

33歳での結婚なので、和田麻希さんが18歳からの時からずっと一緒にいるということになりますね。

湊明憲さんは、和歌山県出身で現役時代は走り幅跳びやハードルの選手だったとのことです。

和田さんが引退を考えた時期にもコーチとして側で支え、自己記録を更新する復活劇のサポートをした実績があります。

2020年12月3日号の週刊新潮では夫婦2人で初めて取材を受け、馴れ初めなんかも特集され注目を集めています。

スポンサーリンク

和田麻希さんの腹筋画像!

和田麻希 結婚 旦那

和田麻希さんの腹筋はしっかり割れたシックスパックで、レースでは誰よりも目立っています。

女性の短距離選手はみんな筋肉質ではありますが、それでも和田麻希さんほどキレキレの選手を日本では見かけません。

走っているときは、肩、腕、脚など全身にもキレイに筋が入り、格闘家のような仕上がりになっています。

集中的に鍛えれば、すぐにボディビルダーになれるんじゃないでしょうかね。

ちなみに、バキバキのときで体脂肪は10パーセント程度とのことなので、女性ではかなり絞られている印象です。

Sponsored link

和田麻希さんの自己ベスト記録は?

和田麻希さんの自己ベスト記録は、100mが2018年に出した11秒53、200mは2007年の23秒67です。

龍谷大学時代の2007年日本学生陸上競技対校選手権で、100m、200mの当時の自己記録を更新。

大学時代が全盛期かと思いきや、32歳になる年の2018年に200mで自己記録を更新する鉄人ぶりを見せています。

日本女子の記録は福島千里さんの持つ、100m(11秒21)、200m(22秒88)。

和田麻希さんも日本選手権の決勝に残れるレベルですが、日本記録と比べてしまうとどうしても見劣りしてしまうんですよね。

とはいえ、30代になっても記録を伸ばしたことで、他の選手たちに勇気を与えた事は間違いないでしょう。

さらに、残り少ない現役を終えたとき、別のスポーツで世界を目指すなんてこともできるんじゃないでしょうかね。

まとめとして

腹筋が凄すぎると話題の和田麻希さんは、30代で自己記録を更新した実績を持つ短距離選手です。

本格的にYouTubeでトレーニング方法や簡単なストレッチなどアップすれば、かなり視聴されるのではないでしょうか。

男性にも女性にも人気が出そうですし、もっとスポーツバラエティに呼んでもらいたいアスリートの一人です。

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です