【2019流行語】サブスク(サブスクリプション)の意味や由来は?代表的なサービスもチェック!

2019年の新語・流行語大賞にノミネートされたサブスク(サブスクリプション)

今やテレビやCMでも使われ、今さら人に聞けないというくらいのワードとなっていますよね。

カタカナ語についていけないという人もいるかと思いますが、生活の中でも聞くようになるでしょうし改めて理解しておきたいところでしょう。

ここでは、サブスク(サブスクリプション)の意味や由来は、代表的なサービスもチェックしていきます。

【2019流行語】サブスク(サブスクリプション)の意味は?

2019流行語サブスク サブスクリプション 意味

サブスクとはサブスクリプションの略で、製品やサービスなど、代金を支払う代わりに一定期間の利用ができるビジネス形式のことを意味します。

いわゆる、月額制、定額制といったもので、定期購読や化粧品などの定期購入なんかも含まれます。

 

今までサブスクという言葉になじみがなかっただけで、前からあった方式でなんですよね。

メリットとしては、登録・解約が簡単で、初月無料などのお試し期間やサービスも充実しているものが多いことでしょう。

さらに、見放題や借り放題など、単品でそれぞれ買うよりもお得に手に入れることができるのでお金の節約にもなります。

必要な時だけ必要な分利用できるので、荷物を増やさずにサービスを楽しむことも可能に。

基本的にはパソコンやスマホで情報を管理し、買い物の時間や交通費の節約、わずらわしい手間も省くことができます。

スポンサーリンク

【2019流行語】サブスク(サブスクリプション)の由来は?

2019流行語サブスク サブスクリプション 意味

サブスクリプションの英語には、雑誌の「予約購読」や「年間購読」といった意味があります。

これが由来となって、「有効期限のある使用許可」という意味に。

ソフトウェア系のサブスクは、アップデートなどのサービスを契約期間内であれば無料でできるなどの特徴があり一気に拡がりを見せました。

CD-ROMなどの記録媒体を購入することがなくなり、バージョンのアップデートも追加料金が不要に。

今後のビジネスモデルとなって行くことが予想され、飲食や車、ファッションや化粧品など様々な業界へ広がりを見せているのです。
Sponsored link

【2019流行語】サブスク(サブスクリプション)の代表的なサービスもチェック!

サブスクの代表的なサービスとして、多くのVOD(ビデオ・オン・デマンド)が有名です。

他にも、娯楽や教育関係など多く利用されていますが、特に注目を集めているのがサブスクはメチャカリでしょう。

メチャカリは株式会社ストライプインターナショナルが運営する洋服のレンタルサービスで、月額5,800円(税抜)で借り放題。

メチャカリなどレンタルファッションサービス紹介はコチラのサイト↓

【レンタルファッションのすすめ】料金・サービスプラン比較と口コミ評判をチェック!

1回に借りられるのは3点までですが、着なくなればクリーニングせずに返却可能で、気に入れば買取りもできるというシステム。

着なくなった洋服を返すタイミングも自由なので、クローゼットが埋まってしまう心配もありません。

ファッションを楽しみたいけどあまり洋服にお金をかけられないという人にとって、画期的なシステムと言っていいでしょう。

2019年11月には有料会員数が2万人を超え、サブスクというワードとともにさらに会員数も増えていくことが予想されます。

とめとして

サブスク(サブスクリプション)は、金額と引き替えに一定期間において製品やサービスを楽しむことができるビジネスモデルです。

今までは、欲しいものは買うことが当たり前でしたが、徐々にサブスクに移行していくものも多くなってくると言われています。

便利である一方で、何でもかんでも契約してしまうと月々の支払いができなくなってしまうことも考えられるのでくれぐれもご注意を。

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です