所ジョージの世田谷ベースの場所や愛車・バイクに注目!全国にベースは何カ所ある?

所ジョージさんと言えば遊びの達人としても有名ですが、そのなかでも大きな注目を集めているのが世田谷ベースではないでしょうか。

世田谷ベースは事務所と遊び場として使用する秘密基地的なガレージで、おもちゃや車・バイク、趣味のコレクションなど様々なモノがあるんですよね。

所さんのように楽しみながら生きていくことに憧れている人も多いことでしょう。

ここでは、所ジョージさんの世田谷ベースの場所や愛車・バイクに注目、全国にベースは何カ所あるのか探っていきます。

所ジョージさんの世田谷ベースの場所!

所ジョージの世田谷ベース 場所 愛車 バイク

所ジョージさんの趣味が存分に詰まった世田谷ベースは、個人事務所の株式会社ティヴィクラブも兼ねています。

そのため秘密基地とはいえ、住所もしっかりと公表されているんです。

郵便番号:157-0066

住所:東京都世田谷区成城5-16-21

成城学園前駅から徒歩で10分ほどの場所にあり比較的訪れやすいのですがもちろん立入禁止です。

米軍基地のように金網の門で閉ざされていますが、その佇まいもかっこいいとしか言いようがありません。

自宅も近くにあるようですが、2016年は世田谷ベースに落書きが見つかる事件も発生。

もし、世田谷ベースを見つけることができても迷惑になる行為はしないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

所ジョージさんの愛車・バイクに注目!

所ジョージの世田谷ベース 場所 愛車 バイク

所ジョージさんは多趣味で知られていますが、多くの車やバイクを所有していることもよく取り上げられています。

・フォードムスタング(400万~560万円)

・フェラーリ612スカリエッテ(約3660万円)

・フォードブロンコ(100万~500万円)

・トランザムファイヤーバード’71(100万~600万円)

 

クラシックカーが多く、中古での値段は安くても高くても好きな車を購入しているようですよ。

入れ替わりはあるものの常に20台の車を所有しているという。

その他にも

  • コルベットC1
  • 日産マーチK12
  • プリンススカイラインS54B
  • シボレーカマロ
  • ホンダオデッセイ
  • ダッヂコロネット
  • プリムスロードランナー
  • フォードトラック

などなど

カスタムして全く形が変わってしまう車もあるようですが、マーチのように庶民的な車もあるところに好感が持てますよね。

バイクも7台ほど所持し、さらには所さんが社長を務めるスネークモータースというバイク会社も設立しています。

バイクで判明しているものには以下の車種があります。

  • ホンダCB250T
  • DAX
  • ハーレーダビットソン リジッドスポーツスター
  • ハーレーダビットソン ショベルヘッドラットカスタム
  • ハーレーダビットソン パンヘッド
  • ハーレーダビットソン ナックルサンパー

 

さらに、ヤマハLMWやヤマハT-MAXなどのスクーター系もカスタム、このほかにもまだまだ所持していたバイクはあります。

コンテンツとしてもBSフジで放送されている「所さんの世田谷ベース」や雑誌「世田谷ベース」があり、これからも車・バイク情報には注目です。

Sponsored link

全国にベースは何カ所ある?

所ジョージの世田谷ベース 場所 愛車 バイク

所さんの秘密基地は、世田谷ベースだけではなく他にも全国に6ヶ所もあるんです。

・世田谷ベース夕張出張所

北海道夕張市の花畑牧場「夕張希望の丘」にありコレクションを展示、

アートギャラリーにはビートたけしさんの絵画も展示されています。

・等々力ベース

厳密には所さんではなく、ビートたけしさんが世田谷ベースをまねて作ったベースですが、世田谷ベースから一部モノが運ばれています。

・八王子ベース

八王子ベースで収穫された農作物を道の駅「八王子滝山」で販売、敷地内には、ビートたけしさん用の「北野別邸」も建設。

・山中湖ベース&道志ベース

山梨県の山中湖と道志村にそれぞれ特徴的な建物が存在しています。

・沖縄ベース

沖縄ベースは約4万2000坪もある広大なスペースでゴルフの練習やビーチまであり、もはやリゾート地。

所さんは、奥さんの料理が一番というだけあって家族を大切にしつつも自分の時間も楽しんでいるんですよね。

仲の良いビートたけしさん関連のベースも多く、お互いに尊敬していることが分かります。

まとめとして

所ジョージさんの世田谷ベースは、事務所と趣味の家が合わさった大人の男の憧れのスペースです。

どれだけお金を持ったら同じような生活ができるのか気になるところですが・・・。

生活のためには収入を得なくてはいけませんが、こんな歳の取り方をしていきたいものですね。

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です