津山ホルモンうどんはB級グルメ2位!発祥や東京でも食べれる?

全国にあるB級グルメの中には、他の地域ではあまり食べられない組みあわせの料理がありますよね。

今回紹介する「津山ホルモンうどん」もその一つで、ホルモン+うどんというコンビ。

ホルモンにはビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、体も元気になるスタミナ料理なんですよ。

津山ホルモンうどんはB級グルメ2位!

津山ホルモンうどん B級グルメ 2位

津山ホルモンうどんは、2011年のB-1グランプリ2位のシルバーグランプリに輝いたB級グルメ。

鉄板で調理される焼きうどんで、具材にたくさんのホルモンが使用されているのが特徴です。

2011年 B-1グランプリ2位

ホルモンのうま味がしみ出すことで、牛肉や豚肉などとはまた違った味わいがあり、醤油や味噌ベースのタレとの相性は抜群。

焼きそばやうどんなどの麺類が上位にひしめき合う大会で、2位になったことはかなり凄いことなんですよね。

さらに、以前からベスト3常連だった八戸せんべい汁を抑えての2位は大きな価値があります。

前年には4位と惜しくも入賞できなかったのでリベンジも果たしましたし、これで一気に全国に名が知られるようになったのでした。

スポンサーリンク

津山ホルモンうどんの発祥は?

津山ホルモンうどん B級グルメ 2位

ホルモンうどんは兵庫県佐用町でも有名ですが、津山ホルモンうどんは岡山県美作(美作)地方中東部が発祥。

名前のとおり津山市が中心地で、知名度のアップとともに全国各地から本場のホルモンうどんを求めて観光客が訪れています。

2位となった2011年の大会では1位がひるぜん焼そばだったので、岡山県の1・2フィニッシュでした。

 

岡山県の地域活性に大いに貢献した津山ホルモンうどんは、確固たる地位をつかんだと言えるでしょうね。

津山では、明治以前に禁止されていた肉食を、健康のために食べる「養生喰い」を行っていた数少ない地域。

津山は昔から牛肉との縁が深く、現代のホルモン文化に繋がっているのです。

Sponsored link

津山ホルモンうどんは東京でも食べれる?

津山ホルモンうどん B級グルメ 2位

津山ホルモンうどんってどんな味なんだろうかと気になる方は多いのではないでしょうか。

特に一番人口の多い東京ではお店も多いので食べられるお店がありそうですがどうなんでしょうかね。

東京では、いくつかのお店でホルモンうどんを提供していますが、岡山や津山をうたっているのは少ないです。

その中でも新橋にある「ももてなし家」というお店で扱っている「岡山県ホルモンうどん(880円)」は本格的。

岡山と鳥取2県の共同アンテナショップの2階にあるお店なので、いい加減なものは出せませんからね。

ホルモンうどんからイメージされるのは大衆食堂や居酒屋のような場所だと思いますが、ここはオシャレな雰囲気漂うビストロ。

スイーツも充実していますし、家族でもカップルでも一人でも気軽に訪れやすいのでぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

ももてなし家

住所:東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイスとっとり・おかやま新橋館2F

営業時間:11:00~22:00(L.O.21:00)

まとめとして

津山ホルモンうどんはB-1グランプリで2位になったこともある有名なB級グルメ。

津山市が結成した「津山ホルモンうどん研究会」によって普及活動が行われています。

テレビなどでの紹介が増えることで、各都道府県にも提供してくれるお店が増えたらいいですね。

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です