シルクスイートの特徴や産地はどこ?おススメの食べ方も!【鉄腕DASH11月18日放送】

11月18日の日本テレビ系「鉄腕DASH!」の「出張DASH村」では、

「元ヤン農家が育てる激甘サツマイモ」

が特集されます!

その激甘サツマイモの品種とは…「シルクスイート」です!

シルクスイート、とっても甘くて美味しいですよね。

最近、焼き芋ブームで、スーパーなどでも1年中見かけるようになりました。

おイモ好きな私は、その時の品種が「シルクスイート」だったら、必ず購入してしまいます(笑)

そのくらい、絶対ハズレのない、感動モノの美味しさなんです!

そんな感じで日常的にシルクスイートを食べている私ですが、こうして鉄腕DASHで特集になって、改めて

「シルクスイートについて何も知らない…!?」

ということに気づきました。

今回は、そんなシルクスイートについて、特徴や産地、美味しい食べ方など、迫ってみました!

シルクスイートの特徴は?

シルクスイート 特徴 産地 どこ

「甘くて美味しいサツマイモ」…と聞くと、みなさんはどの品種を思い浮かべるでしょうか?

代表的なところで、

  • 安納芋
  • 紅こがね
  • 紅はるか
  • 紅あずま

そして、今回の「シルクスイート」ではないでしょうか?

紅あずま、安納芋などは知っていたけれども、シルクスイートは知らなかったという方もいらっしゃるかもしれません。

それもそのはず、シルクスイートは、2012年に種苗の販売が開始されたばかりの新しい品種です。

少し甘めの「春こがね」と滑らかな触感の「紅まさり」の2つを交配させて生まれました。

そして、発売開始からわずか数年で、瞬く間にその甘さと美味しさ話題となり、爆発的に普及しました。

まさに、サツマイモ界(?)の大型新人なのです!

シルクスイートの特徴は、その名の通り、シルクのような舌触りと、滑らかなのど越しです。

私は、初めて食べた時は、本当にこれがサツマイモなの?と驚きました。

糖度は、約8.8度です。一般のサツマイモは7度程度なので、やや甘めといった感じですね。

一大ブームとなった安納芋や紅はるか(16度程度)よりは、低めなのですが、この舌触りと優しい柔らかさで、十分甘く感じ、満足感の食べ応えがあります。

そしてもう1つ、シルクスイートには特徴があります。

  1. 収穫したばかりだと、ほくほくした焼き芋になる
  2. 十分貯蔵させると、ねっとりした焼き芋になる

という、ほくほく系とねっとり系、両極の魅力を合わせ持ったサツマイモなのです!

クールでしっかりしたところもありながら、甘ーく最高に優しいところもある…シルクスイートを恋人、もしくはアイドルに例えたら、こんな感じでしょうか!?

シルクスイートは女性を中心に大人気ですが、なるほど納得(?)な特徴を持つ、サツマイモなのです!

スポンサーリンク

シルクスイートの産地はどこ?

シルクスイート 特徴 産地 どこ

今では大人気品種のサツマイモ「シルクスイート」ですが、産地は、茨城・福島が中心です。

11月18日放送の「鉄腕DASH」でも、シルクスイートは「茨城産のサツマイモ」として紹介されます。

現在は、その人気からシルクスイートを作る地域は九州など全国に広がっています。

Sponsored link

シルクスイートのおススメの食べ方は?

11月18日放送の「鉄腕DASH」では、シルクスイートを使った美味しいインスタ映え抜群の料理がいくつか紹介されます。

コロッケ・酢豚・パンケーキなど…驚きのメニュー!要チェックですね。

今までお店で焼き芋が売っているのを見かけたら購入していたシルクスイート。

こうして番組でも取り上げられているのを見たら、自宅でも調理してその美味しさを味わってみたくなりました。

まずはシルクスイートの入手方法ですが、なかなか近くのスーパーなどで欲しい時に売ってない!という場合は、インターネットで購入することをおススメします。

産地やお値段、重さなどが選べて便利ですよ。

おススメの食べ方ですが、なんといっても、まずは焼き芋!

シルクスイートそのものの美味しさを、味わってみてください。

◇焼き芋のレシピ

・オーブンの場合

秋頃は220℃、冬頃は180℃でオーブンをあたため、30~40分で焼きます。

昔ながらのやり方だと、ついアルミホイルで焼きたくなりますが、最近では熱が回りにくくなるという説があり、そのままじっくりと焼くことをおススメします。

・鍋で作る場合

ステンレス製かホーロー製の鍋の底に、よく洗ったシルクスイート(約600g)を並べ、弱火にかけます。

15分ごとにサツマイモをひっくり返し、これを繰り返します。

サツマイモが小さめなら30分、大きめなら60分加熱してください。

竹ぐしを通して、スッと通れば出来上がりです。

絹のような舌触りの焼き芋が、自宅で味わえます。

そしてもう1つ、このシルクスイートそのものの美味しさを味わえるのは、シンプルですが「スイートポテト」です!

◇スイートポテトのレシピ

シルクスイート2~3本をふかして、つぶしておきます。

三温糖約20g(お好みで調整してください。入れなくてもOK)、牛乳少々を加えて、混ぜ合わせます。

型(アルミやペーパーの型など)に盛り付け、卵黄1/2個を溶いたものを表面に塗ります。(塗らなくても大丈夫です)

オーブンを200℃にあたため、10~15分、焼き色がつくまで焼きます。

最初にふかしておくシルクスイートですが、もし焼き芋を作って余ったら、この焼き芋を使って作るのもおススメです。

かなりの美味しさが期待できますよ!

シルクスイート(さつまいも)は通販でも購入できます。

意外にリーズナブルなのでチェックしてみてください!

まとめとして

焼き芋が一番美味しくできる季節は、9~10月に収穫してから、十分に貯蔵されて糖度が増してきた11月とのことです。

このゴールデンシーズンに、シルクスイートの特集をする「鉄腕DASH!」、さすがですね。

刺激されて、今回はシルクスイートについて、色々迫ってみました。

美味しい季節を存分に楽しみたいと思います!

関連記事はコチラ↓

DASH島 味噌

鉄腕ダッシュのDASH島の場所・地図では?所有者はTOKIO?

ダッシュ海岸 場所

鉄腕DASHのダッシュ海岸の場所はどこ?すみだ水族館とのコラボ

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です