行列で紹介の会員制グランピングはどこ?住所やアクセス・値段はいくらくらい?

ここ数年アウトドア好きの方々に人気で注目を集めている、快適さと手軽さが特徴的なグランピング。

グランピングは魅力的なという意味のグラマラスとキャンピングを合わせた造語で、全ての準備がすでにできているキャンプ施設のこと。

テレビでも度々取り上げられ、11月4日(日)放送の行列のできる法律相談所でも話題に上がるようですよ。

ここでは、行列で紹介の会員制グランピングはどこか、住所やアクセス・値段はいくらくらいか見ていきたいと思います。

行列で紹介の会員制グランピングはどこ? 

行列  会員制グランピング どこ

11月4日放送の行列ではとっておきの宿を教えるというテーマで、会員制グランピング施設を近藤サトさんが紹介しています。

そこは千葉県にある東京クラシック・フォレストクラブ内に2018年夏オープンした日本初会員制グランピングの東京クラシックキャンプ。

グランピングはテントを建てたりテーブルや調理器具を持っていったりする手間が省けるので身体一つで行けるのがうれしい施設。

東京クラシックキャンプでは、木造のキャビンや北欧スタイルのテントに泊まることができ、豪華なキャンプを楽しむことができます。

バーベキュー・薬膳鍋・ダッチオーブンの3つのコースから選べる1泊2日のオプションや、有料でお酒も提供。

日頃の疲れを癒しに行きたい方、ちょっと変わったアウトドアを求めたい方、気軽に週末グランピングなんていかがでしょうか。

Sponsored link

行列で紹介の会員制グランピングの住所やアクセス! 

行列  会員制グランピング どこ

千葉県にあるのに東京クラシックキャンプ、なんだか舞浜にある夢の国と似たような感じですがどこにあるのか気になりますよね。

東京クラシック・フォレストクラブはゴルファーには有名なゴルフ場で、そこに併設される形で新たにグランピング施設ができたという状況です。

住所は千葉県千葉市若葉区和泉町365、千葉東金道路の中野インターチェンジから約3分の立地です。

東京からだと車で約60分といったところでしょうか、キャンプ場はもっと山の中にあるイメージですがこれは近いですよね。

電車の場合は東京駅―千葉駅(JR特急で約33分)―誉田駅(外房線約18分)―タクシーで約8分の約60分。

誉田駅からバスだと若林区コミュニティバスを利用するのが一番近いですが、妙興寺バス停から徒歩20分くらいなのでタクシーが便利でしょう。

スポンサーリンク

行列で紹介の会員制グランピングの値段はいくらくらい?

気になる東京クラシックキャンプの会員制グランピングの値段は、以下の通りです。

通常入会金:100,000円

通常年会費:50,000円

プレオープンの2018年3月16日~6月末まで体験宿泊キャンペーンが実施されました。

しかし、期間を延長し平日に限り入会金・年会費不要で1回限り体験宿泊がまだできるとのことなのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、現在会員を募集しているのは以下の3スケジュール(500名)。

 

・300名・第一次募集(12月末まで):入会金100,000円/年会費50,000円

・100名・第二次募集(2019年1月~2月末まで):入会金150,000円/年会費50,000円

・100名・第三次募集(2019年3月~4月末まで):入会金200,000円/年会費50,000円

 

メンバーが定員に達し次第、募集を終了するので気になる方はお早めに。

ただし、入会には審査があり必ず入会できるとは限らないみたいなので注意してくださいね。

まとめとして

自分でセッティングするのがアウトドアの一つの醍醐味でもありますが、手ぶらでゴージャスなキャンプもいいですよね。

しっかりと自分たちの空間が守られているので家族や仲間と存分に楽しむことができ、しかも都心から近い東京クラシックキャンプ。

いつものキャンプやバーベキューにもっと刺激が欲しい方にもピッタリかもしれませんね。

 

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です