2019年天皇誕生日はいつ?年末の祝日並びや代替え日・今後は?

Sponsored Link

 

2019年4月30日にをもって生前退位することが決定した天皇陛下。

 

30年続いた平成という年号が終わるということで、寂しさを感じている方も多いのではないでしょうか。

 

天皇陛下が退位されたあとは皇太子さまが天皇に即位されることとなりますが、天皇誕生日の12月23日が2019年以降どうなるのか気になりますよね。

 

今回は2019年の天皇誕生日がいつになるのか、年末の祝日並びや代替え日、今後についても合わせて調べてみました!

 

2019年の天皇誕生日はいつ?

2019年 天皇誕生日

国立天文台の年歴要項と内閣府の資料から、2019年の国民の祝日が判明しました。

 

それぞれの資料によると、2019年は天皇誕生日が存在しないことが確定しています。

 

天皇誕生日は12月23日ですが、2019年4月30日に天皇は退位されるため天皇誕生日とは呼ばれなくなります。

 

皇太子さまの誕生日は2月23日ですが、5月1日に即位する時点ですでに誕生日が過ぎてしまっているため、2020年から祝日として制定されるようです。

 

天皇陛下の退位と皇太子さまの即位がお二方の誕生日の間に行われるため、2019年だけは天皇誕生日が存在しないということになるようですね。

 

2019年天皇誕生日の年末の祝日並びや代替え日は?

2019年天皇誕生日 年末 祝日並び

祝日としての天皇誕生日が存在しないことが確定した2019年。

 

12月23日が平日になることで2019年の12月は祝日がなくなってしまいました。

 

このままでは1年を通して祝日が1日減ることになるため、政府は2019年5月1日を祝日もしくは休日にする方向で検討しているようですね。

 

祝日法を改正して5月1日を祝日にした場合、4月29日(昭和の日)と5月3日(憲法記念日)にはさまれた前後の平日を休日にすることができます。

 

2019年4月27日は土曜日のため、5月1日が祝日になった場合土日祝が休みの方は

なんとGWが10連休になります!

 

2019年天皇誕生日 年末 祝日並び

 

10連休あれば長期旅行の計画も立てやすいですし、代替え日として5月1日が休日になってほしいですね。

 

2019年天皇誕生日の今後は?

Sponsored link

2019年は平日になることが確定した、天皇誕生日の12月23日。

 

2020年以降の扱いについてはまだ発表されていませんが、祝日になる可能性は低いようです。

 

明治以降即位した天皇の誕生日は以下のようになっています。

 

 

明治天皇:11月3日(文化の日)

大正天皇:8月31日(祝祭日なし)

昭和天皇:4月29日(昭和の日)

 

大正天皇の誕生日が祝祭日になっていないのは、即位した期間が15年と短く、大正天皇崩御後に名前を残そうという運動が起こらなかったなどの理由があるようです。

 

今上天皇は30年在位されていますが、政府関係者によると皇太子さまが天皇として在位している間は祝日にならない可能性が高いとのことです。

 

万事の際も常に国民に寄り添ってくださる今上天皇の誕生日も、明治天皇や昭和天皇と同じように祝日として残す方向になってほしいですね。

 

まとめとして

2019年4月30日の天皇陛下生前退位に向け、年号の選定や法の整備、祝日の改正などが進んでいます。

 

年号や祝日の改正があるとカレンダー業界は内容を作り変えないといけないため、対応に追われて大変なようです。

 

2019年は天皇誕生日がなくなりますが、代替え日がGWに設定される可能性が高く注目が集まっています。

 

2019年は平日になることが確定している12月23日、2020年以降どのような扱いになるのかも合わせて要注目です。

 

関連記事はこちら↓

堀未央奈 成人式 画像

2017年成人式をむかえる芸能人・有名人画像!AKBでは誰?

尾崎由香 ファミマ CM

尾崎由香のファミマCM動画や子役時代のかわいい画像!結婚は?

    
Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ