高倉麻子監督の若い頃はかわいい?画像や旦那・高校大学は?

 

 

リオオリンピック(2016)出場が叶わなかったサッカー女子日本代表・なでしこJAPANは、再び世界の強豪と渡り合えるのでしょうか?

 

女子ワールドカップ優勝(2011)、ロンドンオリンピック(2012)準優勝など輝かしい成績を残した佐々木則夫前監督が2016年に勇退し、一つの時代が終わりをつげました。

 

新たに高倉麻子監督が就任しましたが、長らく代表を支えてきた澤穂希さん・宮間あやさんなどが抜けて、

世代交代を進めなくてはならない難しいタイミングとなりましたよね。

 

女子サッカー日本代表再生を任せられるほどの高倉麻子監督っていったいどんな方なのでしょうか?旦那さんや高校大学などについても調べてみました。

 

高倉麻子さんの若い頃はかわいい?画像も! 

高倉麻子監督 若い頃 かわいい 画像

取材に応じる際の明るい笑顔が印象的な高倉麻子さんですが、実は若い頃から笑顔が素敵でかわいいサッカー選手だったんですよ!

 

選手としても代表79試合に出場して20ゴールあげていて、代表初選出はなんと15歳!翌年には代表デビューを飾っています。

 

アトランタオリンピック(1996)出場、公式戦出場数226試合(引退した2004年当時歴代1位)はレジェンドと呼ぶにふさわしい選手です。

高倉麻子監督 若い頃 かわいい 画像

かわいくもありトップアスリートでもあるなんてうらやましすぎませんか?当たり前のように、天は二物を与えちゃうんです。

 

しかし「なでしこブーム」が来る前の女子サッカーは、リーグ存続も怪しいくらい悲惨な苦しい時代だったので、

いま現役だったら・・・と考えてしまいます。

 

高倉麻子さんと旦那さんの関係は?

 

高倉麻子さんは同じ所属チームで出会った、13歳年上のサッカー指導者・竹本一彦さんと結婚しています。

 

1985年に当時最強だった読売日本サッカークラブ・ベレーザに入団した高倉麻子さんは、1999年に松下電器女子サッカー部バンビーナに移籍します。

 

一方、竹本一彦さんは、1980年に読売の下部組織コーチに就任し、1996年まで読売のいずれかのカテゴリーで監督・コーチとして活動していました。

高倉麻子監督 旦那

読売で知り合った2人ですが、1999年に竹本一彦さんがガンバ大阪ユース監督として就任すると、奥さんの高倉麻子さんも同じグループのバンビーナに移籍したのでした。

 

つまり、一般のサラリーマンで例えると、社内恋愛の末に結婚し、のちに旦那さんが転職したら夫婦揃って同じ会社に移動したということになります。

 

今ではあまり考えられないですよね?ただ、指導者としてのノウハウを選手時代から旦那さんに学べる環境にいられたことが今に活きているのかもしれませんね。

 

高倉麻子さんの高校大学は?

Sponsored link

福島市の岡山スポーツ少年団でサッカーを始めた高倉麻子さんは、中学ではFCジンナン(東京都リーグ)でプレーし、このときに日本代表へ選出されます。

 

高校は、福島成蹊女子高校に進学するも女子サッカー部がなく、男子校の福島工業高校で練習したり、週末は三菱養和クラブに通ったりしていたそうです。

 

三菱養和クラブは東京のチームであるため、週末だけ上京するハードなサッカー生活を続けていたことに驚きを隠せません!

 

大学は東京の町田市にある和光大学に入学、この頃には第1回日本女子サッカーリーグ(現なでしこリーグ)に読売ベレーザの一員として出場し、初得点も記録します。

 

ここまでの高倉麻子さんのサッカー人生って、漫画や小説にしても充分成り立つくらいのシンデレラストーリーじゃないですか?

 

あとはストーリーの続きを監督としてどう記せるかですね!

 

まとめとして

なでしこJAPANの監督・高倉麻子さんは、現役時代はスター選手でありながら、美貌も合わせ持った漫画の主人公みたいな方です!

 

2019年女子ワールドカップ、2020年東京オリンピック出場に向けて再建できるか?若手主体に切り替えて徐々に結果を残しつつありますが、世界と対等とまではいっていません。

 

東アジアE-1選手権、2018年アジアカップで勝ちきる力をつけて、世界大会決勝の舞台に再び引き上げてくれることを願うばかりです。

 

関連記事はこちら↓

長谷川唯 画像 かわいい

長谷川唯(サッカー)の大学やかわいい私服画像!身長・なでしこでも

籾木結花 大学

籾木結花の高校大学やかわいい画像!帰国子女で父もサッカー選手?

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です