ジュラシックワールドでのモササウルスが最強!秘書ザラはかわいそう

Sponsored Link

 

2015年夏日本で一番の話題の映画といえば1933年にスティーブン・スピルバーグ監督によってが制作された

ジュラシック・パーク シリーズ第4作目にあたるジュラシックワールドでしょう!

 

CMでもばかでかいモササウルスの迫力がすごかったり実際に映画館に足を運んだ人の評価も高いので

 

今回はそんなジェラシックワールド

ジュラシックワールドでのモササウルスが最強!秘書ザラはかわいそう

についてシェアしたいと思います!

 

ジュラシックワールドでのモササウルスが最強!

ジュラシックワールド モササウルス

 

内容は毎回同じように人間が管理していた恐竜が大暴れするわかりやすいジュラシック・パークシリーズ!

 

ネタバレを含むので注意してくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最大の見どころといえばDNA配合で産み出されたハイブリッド種インドミナス・レックスなんですが

 

本作の見どころはもう一つありCMでも出てきている海の恐竜モササウロス

 

こちらは実在していた生き物で体長は12.5 – 18メートルなんですがジェラシックワールドに登場してきたモササウロスは

 

画像はコチラ↓

 

モササウルス 最強

 

完全に大きく再現されており何mあるのかわからないくらいの大きさで描かれています!

 

ジェラシックワールドでの秘書ザラはかわいそう!

Sponsored link

そして本映画の悲劇の一つ兄弟の案内をしていただけの秘書のザラが、プテラノドンに連れ去られれ

 

モササウルスによって最後は食べられてしまうシーンでは

 

全長5mほどといわれるプテラノドンごと丸のみするなどまさに最強の恐竜ですね!

 

モササウルス 最強

 

大きさの比率から考えればゆうに30mは超えていそうなモササウロス!

 

それにしてもこの秘書役ザラさんなんですが悪いことは一切していないにもかかわらずモノサウルスに捕食されるという

 

映画の常識だと極悪人がむかえる最後のようで本作では一番かわいそうな人物として描かれています!

 

モササウルス 秘書

 

最後に極めつけは今作の目玉恐竜で遺伝子操作により知識もありステルス機能もありというインドミナ・レックスを一噛みで海に引きずり込み倒してしまうモササウルス!

 

ジュラシックワールドでの最強恐竜っぷりを名実ともに示してくれました!

まとめとして

今作ではかなりデフォルメしたイメージで登場したモササウルスただ娯楽映画なのでどうしても大きく・強くなってしまうのは仕方ないですね!

 

映画も面白く是非劇場で見てほしいと思います。

 

 

関連記事はこちら↓

KUNOICHIの過去制覇者やロケ場所はどこ?視聴率はいい?

タニタ食堂 店舗

タニタ食堂レストランは全国に何店舗?関西にもある!映画は実話?



    
Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ

无觅相关文章插件,快速提升流量